NEOと関係がある!?「Wowoo(ワォー)|Wowbit(ワオビット)」の詳細特徴・上場情報など公開|Wowoo情報局

NEOと関係がある!?「Wowoo(ワォー)|Wowbit(ワオビット)」の詳細特徴・上場情報など公開|Wowoo情報局

 

以前紹介したNEOと関係がある「Wowoo(ワォー)|Wowbit(ワオビット)」の詳細特徴や上場情報などを調べてみたので公開していきます。

 

f:id:olive5g_kernel:20180420182301j:plain

NEOと関係がある「Wowoo(ワォー)|Wowbit(ワオビット)」とは

 

Wowoo(ワォー)はシンガポールで開発されている仮想通貨で、目的は「ひとつの感動で戦争を終わらせることができる。だから、私たちは感動を価値化します」と公表されています。

Wowooは正確に言うとプラットフォームの名称であり、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWobitになります。

詳しくはこちらの記事へ

cripte.hatenablog.com

 

NEOと関係がある「Wowoo(ワォー)|Wowbit(ワオビット)」上場情報

f:id:olive5g_kernel:20171120113217j:plain

WowbitのICO実施は延期されていますが、いつ始まるのか?気になったので調べてみたのですが、現在真新しい情報はありませんでした。

情報あり次第公開します。

 

NEOと関係がある「Wowoo(ワォー)|Wowbit(ワオビット)」詳細特徴

 

Wowbit概要

 

  1. トークンの名称:Wowbit
  2. 単位:WWB
  3. 発行枚数:1,111,111,111(WWB)
  4. ICO:2018年3月以降(※延期)
  5. ICO価格:1WWBあたり0.0011ETH
  6. プレトークンセール開始日:2018年1月17日
  7. トークンセール:2018年2月22日〜2018年3月2日

 

Wowbitはイーサリアムがベースで作られました。

スマートコントラクトを実装しており、イーサリアムと違う箇所はWowbitはマイニングが行われないことです。

発行枚数は、Wowooシステムが管理しています。

ただし、非中央集権の性質も持っているので発行枚数の増減など大きな変更については特別議決機能によって決められます。

Wowooの運営がトークンの管理を行う一方で、トーク保有者にも投票権を与えて公平性を保っています。

 

 NEOと関係がある「Wowoo(ワォー)|Wowbit(ワオビット)」まとめ

f:id:olive5g_kernel:20180413171229j:plain

今回はWowbitの詳細な情報を紹介していきましたが、まだ上場については分かりませんでした。

ですが、もともと注目できるプラス情報が多いので期待して待ちましょう。

今後もWowbitについて分かり次第紹介していきます。