絶対必見のブロックチェーン!「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップやICO最新情報を分かりやすく紹介!|仮想通貨情報局

絶対必見のブロックチェーン!「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップやICO最新情報を分かりやすく紹介!|仮想通貨情報局

今回は、絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップやICO最新情報を分かりやすく紹介していきます。

 

 

f:id:olive5g_kernel:20181219101455j:plain

絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

 

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら


「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

 

詳しくは以前ご紹介した記事を参考にしてください。

 

絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」ロードマップ

「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップについては下記の通りになります。

f:id:olive5g_kernel:20181219101609j:plain

  • 2016年第3四半期:TeachMePleaseのローンチ
  • 2016年第4四半期:学校登録開始
  • 2017年第3四半期:Disciplinaについての構想開始
  • 2018年第3四半期:DISCIPLINAアルファ版
  • 2018年第4四半期:CampusでのDSCPの流れ
  • 2019年第1四半期:DSCPウォレット・ノードAPI
  • 2019年第2四半期:TeachMePleaseでのDSCPトークン支払開始
  • 2019年第3四半期:テストネット
  • 2019年第4四半期:メインネット

 

絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」ICO最新情報

 

  • 信頼するにふさわしいウェブサイト構築

最近では、クオリティの低いサービスを提供する教育機関は数え切れないほど多くなりました。DISCIPLINAプロジェクトはこういった教育機関の出現を防ぐべく発足されました。
その防止策としてインターネット上でのウェブプロトコルに信用の輪(Web of Trust)を実装します。この実装により信用の輪のシステム参加者同士の信用を作り上げることが可能です。
この信用の輪システムの実装においては教育機関の登録、もしくは拒否権を持つはずの「検証センター」といものがありません。
このシステムでは、労働者を探している雇用主はどの教育機関が信用出来るか出来ないかを把握することができます。学生に与えられた成績評価の価値は、その成績が授与された時点での教育機関の格付けによって決まります。つまり、レビューや格付け評価によって簡単に教育機関を選ぶことができる様になります。
DISCIPLINAプロジェクトにおいて参加者がどのように評価を作っていくのかをご理解いただくため、複数の教育機関A校、B校、C校と雇用主D、Eがシステムに登録されていると想定しましす。
A校とB校は評判のいい有名な大学で、雇用主Dはこの2校を高く評価しています。しかし、C大学は雇用主Eのみからしか信用されておりません
結果を総合的にとりまとめ、信頼性の高い評価をされているシステム参加者が必要です。
今回のケース(A~E)において、認知度一位の有名大学A校と、採用候補者の選定に厳しいことで有名な会社Dが信頼性が高いと当てはまります。結果的に、大学B校は有名な会社DからA校同じく信頼されていることから自動的に「信頼の輪」に加えられ、逆に参加者CとEは信用できないと結果になります。
結果を総合的にとりまとめ、信頼性の高い評価をされているシステム参加者が必要です。

It is easy today to encounter a great number of educational institutions that either provide low-quality services or are fictitious. The DISCIPLINA project is being created specifically to prevent such institutions from appearing.
To do this, the project team will implement a Web of Trust (analogous to PGP) into the web protocol. Web of Trust will help system participants set their levels of trust in each other.
Thanks to the implementation of this protocol, DISCIPLINA will have no “verification centres” that have an unlimited right to register or, vice versa, refuse the registration of an educational institution.
This system will help recruiters understand which educational institutions are worth cooperating with and which are not. The value of the grade given to a student will depend on the rating of the educational institution at the time the grade was awarded. Thus, it will be easier for people to choose an educational institution, since they will rely on verified reviews and quality ratings.
To understand how participant rating is formed in DISCIPLINA, let’s imagine that several educational institutions (A, B and C) and recruiters (D and E) registered in the system.
A and B are reputable universities that recognize each others’ diplomas, which are highly evaluated by recruiter D. However, the diplomas of university C are only worth the trust of recruiter E.
To calculate the total rating, we need to choose participants whose reputation is undoubted - these are university A (a recognized leader in the field we are interested in) and recruiter D (a company that is famous for its demanding candidate selection). University B will be added to our web of trust automatically, while participants C and E will be considered as untrustworthy.

 

 

  • DISCIPLINAを分散化させる方法

ブロックチェーン技術は分散管理を目的として用いられますが、実際ではシステム上中央管理を行うのも難しくありません。
例として、従来の主流だったProof o Stakesのモデルにおいても管理する主要組織は長期間にわたりコミュニティ全体に対して責任を負います。従ってこのシステム全体の業績はコミュニティではなくこの管理組織に委ねられることになります。
運営するプロジェクトチームはDISCIPLINAのネットワークにおいて、完全な分散管理の実現を目指しています。
今後の計画ではメインネットのスタート後、どのDisciplinaのトークン所有者も50%以上の大きな保有数のシェアを持つことができないようなシステムの作成を予定しています。
システム上では発行したトークン数合計に対してトーク保有数の割合が45%となるようにされており、またさらにそれらを3つの独立した組織に分配される予定です。

 

The reality is that it is difficult to forgo centralization even in a system such as blockchain. For example, in classical PoS models with compulsory delegation, the key organization is responsible for the entire community over a long period of time. Thus, the performance of the entire system depends on this organization, and not on the community.
The project team aspires to ensure real decentralization in the DISCIPLINA network. After the launch of MainNet they are planning to form a token technical pool that will prevent any stakeholder from having a large share (more than 50%).
The technical pool will be formed in such a way that the share of tokens from the total volume of token issue will be 45%, and this will be distributed between three independent organizations.

 

 

 

絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:olive5g_kernel:20181219101642j:plain

今回は、絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップやICO最新情報を分かりやすく紹介していきました。

Disciplina(ディサプリナ)は、DISCIPLINAのネットワークにおいて、完全な分散管理の実現を目指しており、今後の計画ではメインネットのスタート後、どのDisciplinaのトークン所有者も50%以上の大きな保有数のシェアを持つことができないようなシステムの作成を予定していて、さらに、信用の輪(Web of Trust)システムの実装を行い、レビューや格付け評価によって簡単に教育機関を選ぶことができる様になるそうなので、今後も絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に期待しておきましょう!