絶対必見のブロックチェーン!「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップやICO最新情報を分かりやすく紹介!|仮想通貨情報局

絶対必見のブロックチェーン!「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップやICO最新情報を分かりやすく紹介!|仮想通貨情報局

今回は、絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップやICO最新情報を分かりやすく紹介していきます。

 

f:id:olive5g_kernel:20181219101455j:plain

 

絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

 

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら


「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

 

詳しくは以前ご紹介した記事を参考にしてください。

 

絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」ロードマップ

「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップについては下記の通りになります。

f:id:olive5g_kernel:20181219101609j:plain

  • 2016年第3四半期:TeachMePleaseのローンチ
  • 2016年第4四半期:学校登録開始
  • 2017年第3四半期:Disciplinaについての構想開始
  • 2018年第3四半期:DISCIPLINAアルファ版
  • 2018年第4四半期:CampusでのDSCPの流れ
  • 2019年第1四半期:DSCPウォレット・ノードAPI
  • 2019年第2四半期:TeachMePleaseでのDSCPトークン支払開始
  • 2019年第3四半期:テストネット
  • 2019年第4四半期:メインネット

絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」ICO最新情報

  • プロジェクトの対象者について発表

DISCIPLINAプロジェクトは、特に教育関係における人事の採用に向けて開発されています。特に教育機関や人事部門の人たちという「学習・教育・成績証明」焦点をあてた有効なブロックチェーン技術の導入を計画しております。
例を挙げるとすると、教育機関や民間の講師のような人々はDISCIPLINAプロジェクトに登録し教育サービスを提供することが可能です。
公立や私立、またオンラインやオフライン問わず、教育の提供を行うという形であればどういった形態であっても登録することができます。例えば、家庭教師や子ども向けの教育センターなどインストラクターや講師、大学や大学院もこの条件に当てはまれることができます。
Disciplinaではデータの紛失や偽造を防ぎ学生の成績データを保管することが可能で、学生の同意があれば人事採用者に成績データ等へのアクセスを提供することも可能です。この提供によって教育機関は利益を得るといった事も予想できます。
自分自身で勉強している、もしくは新たに教育学習プログラムを探したいと考えている人は、DISCIPLINAに学生として登録すれば、学生として学業成績やキャリア達成に関する情報を収集したり投稿することができます。
学生として登録された人々は教育機関の信頼できる評価内容を確認することで質の高い教育サービスを受ける機会を得るばかりでなく、検証済の履歴書を作成し明確なキャリアパスを確立することも可能です。
一方で、人事採用に関係するあらゆる人々や機関は人事採用者としてDISCIPLINAに登録することで、登録している様々な人材の学歴や資格、経歴について信頼性の高い情報を取得することができます。
こういった理由により、人材として登録している候補者の詳細情報は、すべてのDISCIPLINAプロジェクト登録者から確認できるように完全に透明化されており、またその信頼性の高さにより人事採用者は簡単に彼ら候補者を選定することができるというわけです。

Who can use DISCIPLINA

Since the DISCIPLINA project is being developed specifically for the education and recruiting spheres, it is people and institutions that participate in these fields that will benefit most from the system.
For instance, any educational institutions and private teachers will be able to register on DISCIPLINA to provide educational services. These are state and private offline and online organizations, tutors, educational centers for children, instructors, teachers, coaches, universities, academies etc.
Thanks to DISCIPLINA, they will have the opportunity to store the data on their students’ academic achievement in a single resource that prevents data loss or forgery. It will also be possible to provide recruiters with the access to this data with the consent of students, which will be a perfect opportunity for educational institutions to receive additional income.
Any person that is studying or would like to find an educational programme for themselves or for their friends and family can register on DISCIPLINA as a student to study or to post information on their academic and career achievements.
They will be able to find high-quality educational opportunities with the help of reliable ratings of educational institutions, as well as to create a verified CV and to establish a clear career path.
HR-agencies, private HR-agents, platforms for personnel search, employers and entrepreneurs will be able to register on DISCIPLINA as recruiters to get access to trustworthy information on candidates’ education and achievements.
Thus, it will be much easier for these users to select candidates, as their CVs will be completely transparent and reliable.

 

 

絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:olive5g_kernel:20181219101642j:plain

今回は、絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップやICO最新情報を分かりやすく紹介していきました。

DISCIPLINAプロジェクトは、特に教育関係における人事の採用に向けて開発されており、人材として登録している候補者の詳細情報は、すべてのDISCIPLINAプロジェクト登録者から確認できるように完全に透明化されており、またその信頼性の高さにより人事採用者は簡単に彼ら候補者を選定することができるそうなので、今後も絶対必見のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に期待しておきましょう!