注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」とは?ICO情報、仮想通貨特徴~気になる最新情報まで「mine coin(マインコイン)」の全てを紹介!|仮想通貨情報局

注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」とは?ICO情報、仮想通貨特徴~気になる最新情報まで「mine coin(マインコイン)」の全てを紹介!|仮想通貨情報局

 

 

今回は、注目ホワイトペーパーの仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」とはどの様な仮想通貨なのか?仮想通貨「mine coin(マインコイン)」のICO情報や仮想通貨特徴から気になる最新情報まで仮想通貨「mine coin(マインコイン)」の全てを紹介していきます。

 

 

※2018/08/27更新

更新内容=「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」トークンモデルを変更予定

f:id:olive5g_kernel:20180613124432j:plain

注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」とは?ICO情報

mine(マイン)は「仮想通貨が広く利用される世界」を作ることを目的としたプロジェクトで通貨名がmine coin(マインコイン)です。

 

仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」については下記の動画が分かりやすく説明しているのでお勧めです。

youtu.be

仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」公式ホームページはこちら

mine-coin.net

 

 

注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」注目のホワイトペーパー紹介

f:id:olive5g_kernel:20180510092439j:plain

仮想通貨の真価を発揮させるには、誰でも簡単に決済ができる仕組みを作ることが必要だ。さらにはその仮想通貨を使えば使うだけその仮想通貨が手に入り、その仮想通貨の価値をより高めることができれば利用者は一段と増え、1つの大きなコミュニティが形成される。通貨自体の価値が半 永久的に増え続けることで、その通貨を使う頻度も比例して増えていく。このループが仮想通貨を 軸にした経済圏を作る根底の仕組みである。
この仕組みを実現するのがmineであり、私たちが「マイニング経済圏」と呼ぶものである。
mine とマイニング経済圏こそが、私たちの目指す「仮想通貨が広く利用される世界を作る」というビジョ ンを実現させ、人々をより豊かな生活へと導いていくものと確信する。

引用元:ホワイトペーパー

仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」ホワイトペーパーはこちら

https://mine-coin.net/document/wp/en.pdf

 

注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」仮想通貨特徴

 

仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」の目的「マイニング経済圏」を作り上げるのに必要な要素が下記の4つになります。

f:id:olive5g_kernel:20180731192950j:plain

  1. マイニングファーム
  2. mine wallet
  3. mine デビットカード
  4. MoT(Mining of Things)

 

マイニングファーム

マイニングファームとは仮想通貨をマイニングするための工場です。

マイニングファームを運営することで、仮想通貨への投資が自動的に繰り替えされる事になり、このマイニングで得た利益はmine保有者・利用者に還元されるシステムになっています。
現在はスーパーコンピュータにより、イーサリアム(ETH)をマイニングしているそうで、今後は他の仮想通貨をマイニングする可能性もある模様です。

 

mine(マイン)は、ICOで集めた資金を元にマイニングファームを1から建築するのではなく、中国ウルグイ自治体と内モンゴルでマイニング事業を稼働している工場を所持しています。設置されているマイニングマシンは最新のGPUを搭載しており、イーサリアム(ETH)のマイニングを行うことで月利8~25%の収益を確保しているそうです。

実際にmineのマイニングファームが稼働している様子がYoutuberのRaphaelラファエルさんが動画で紹介していました。

youtu.be

mine ウォレット

mineが発行するウォレットにmineトークンを入れておけば、自動的にマイニング利益の分配を受けることができる仕組みです。

 

mine wallet(マイン ウォレット)に最低24時間継続して保管する必要はありますが、保管しておけばmineトーク保有枚数に応じてマイニングされた仮想通貨を配当として受取れます。

mine wallet対応通貨は下記の5種類で、今後スマートフォンで手軽に残高確認できるアプリを開発予定だそうです。

 

  • mine
  • XRP
  • ETH
  • BTC
  • ADA

 

mine デビットカード

mineは既に海外の銀行と提携しており、VISA機能がついた「mineカード」を発行する予定です。
mineカードではmineトークンだけでなく、BTCやBCH、ETHなどの人気仮想通貨での決済も可能になります。
また、利用した分の3.5%(利用分の5%中の70%=3.5%が還元)が利用者に還元される仕組みです。

 

MoT(Mining of Things)

MoTはmineの開発者が提唱しているもので、簡単に言うと「モノを買うとmineが入ってくる」という仕組みで、これにより、mineの流動性が高まり独自の経済圏を作り上げることができるようです。

 

注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」ロードマップ紹介

 

仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」のロードマップを参考にする限りでは、取引所上場予定は2018年の10月~12月ごろ取引所上場予定となっています。

f:id:olive5g_kernel:20180731193026j:plain

  • 2018年Q1:プライベートセール実施
  • 2018年Q2:トークンセール実施・配布、ファームの建設
  • 2018年Q3:wallet α版リリース、mine card申込開始、マイニングプールの設置、取引所上場
  • 2018年Q4:wallet正式版リリース、ETH分配開始

 

注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」注目情報

仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」の評判情報を紹介していきます。

  1. 中国初の正式に認可を受けたマイニング工場 
  2. デビットカード発行のために既に銀行と提携済み

 

中国初の正式に認可を受けたマイニング工場

中国は仮想通貨に対する規制が特に厳しく、認可を受けていないマイニング工場は次々に閉鎖されるなど、とても厳しい規制のようです。
MINE(マイン)で注目すべきは「中国国内で初めて正式に認可を受けたマイニング工場を運営している」というポイントです。
中国は基本的にマイニングは禁止されているのですが、MINE(マイン)の工場は「ウイグル自治区」と言う特別な場所に設置しています。

 

デビットカード発行のために既に銀行と提携済み

デビットカードを発行するためには、銀行が持つライセンスが必要だそうで、MINE(マイン)は既にコモロ諸島にある銀行と提携をし、ライセンスの取得が完了している模様です。

 

注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」開発チーム紹介

 

仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」の開発チームには優秀なメンバーが揃っています。

MINE(マイン)開発チームメンバーについて紹介していきます。

 

f:id:olive5g_kernel:20180703102135j:plain

 

注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」掲載媒体一覧

 

仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」は今までに広告を色々な媒体に掲載され評判になりました。

どの様な媒体達に掲載されてきたのかまとめたので紹介していきます。

 

f:id:olive5g_kernel:20180731193116j:plain

 

 

注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」Q&A

 

仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」の公式ツイッターがQ&Aについて発表していたので紹介していきます。

Q1.MINEプロジェクトが提携する銀行はVISAのライセンスを持っていないという噂があります。

A1.100%否定します。私たちが提携する銀行はVISAデビットカードを発行することができます。

 

Q2.調達資金が多いICOは価値が下落しやすいのでは?

A2.MINEはマイニングファームの運営という、明確な価値の裏付けがあります。他のプロジェクトのように無意味に大きな資金を調達しているわけではなく、大部分がマイニングファームに投資されるため資金を有効活用することが可能です。

 

Q3.決済手数料5%は高いのではないか?
A3.決済手数料のうち、3.5%はMINEの追加発行に当てられるため、実質の決済手数料は1.5%です。法定通貨として利用できることを踏まえると決して高い水準ではないと考えています。詳しくはMediumをご覧ください。

 

 

注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」今までの気になる最新情報紹介

 

仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」の今までの活動情報をまとめて紹介していきます。

 

仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」が書籍の出版!

f:id:olive5g_kernel:20180605230408j:plain

MINE(マイン)の書籍なのですが、内容をご紹介するとこちらになります。

 

「まったく新しい仮想通貨のビジョン」と絶賛の嵐!

いま仮想通貨になにが起きているのか?
いったい「仮想通貨」というものには、何ができて、何ができないのか?
そして日本の「円」や米国の「ドル」やフィリピンの「ペソ」などにできないことは何か?
仮想通貨ならできること、仮想通貨が実現できることはどんなことなのか?

誰もが無縁ではいられない仮想通貨の未来をすべて解き明かす!

あなたの今の仮想通貨への考え方はすべて間違っている!

▶ 「信用」は技術によっても作り出すことができる
▶ 自動化された世界を実現する「スマートコントラクト」とは
▶ 「特定の国の通貨ではない」から世界を変えられる
法定通貨および貨幣経済の「パラダイムシフト」
▶ 新しい価値や信用が生まれる時代へ

~本書の目次~
第1 章
世界がまだ知らない「仮想通貨」の〈真価〉を求めて
第2 章
2 1 世紀にふさわしい経済圏とは
第3 章
僕らの新しい経済圏をつくる
第4 章
ついに動き出す金融革命「M I N E 構想」
第5 章
マイニング経済圏が実現する近未来 

 

 


5月27日メインセール開始!

私たちは5月27日からMINEメインセールを開始しました! ユーザー登録後、全員に送信された電子メールのURLから購入してください。

We have started the MINE Main Sale! Please purchase from the URL in the e-mail that has been sent to everyone after conducting the user registration.

 

5月31日メインセール終了!

MINEメインセールは5/31 4:00に終了しました。 次回のメインセールまでの価格は上がり、購入可能なレートは今日終了します。

 

The MINE Main Sale has ended on 5/31 4:00 utc time. The price until the next Main Sale will be raised, and the rate for available purchase will end today.

f:id:olive5g_kernel:20180620184759j:plain

MINEの書籍についてテレビで紹介

 日本のテレビでも連日MINEが紹介されています。千葉テレビ「シャキット」、神奈川テレビ「ねこひたプラス」、京都テレビ群馬テレビ、栃木テレビ

f:id:olive5g_kernel:20180703102151j:plain

MINE(マイン)が渋谷交差点など街の広告に掲載

MINEが、街にあふれています! 有名な渋谷交差点、または新宿のような場所に、少なくとも10箇所にMINEの広告があります。

MINE has flooded the streets! The famous Shibuya crossing , or places like Shinjuku , there are at least 10 places that features our video.

f:id:olive5g_kernel:20180703102207j:plain

MINEがSmartNewsで紹介

3000万人以上のDL数を誇るアプリケーションのSmartNewsにMINEが取り上げられました。

MINE has also flooded f application and SmartNews that has been doing for over 30 million DL. 

 

ICO「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」トークンモデルを変更予定

f:id:olive5g_kernel:20180827095838j:plain

ICO「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」がトークンモデルの下記の点を変更予定と発表。

The token model change this time is for the increase of the MINE Token value. Please double check and confirm again .

Hi, this is the MINE Team.

We’re really sorry about the current break of the MINE announcements. However, please do not worry. The MINE Project is indeed running properly!

The trial re-development of the MINE Wallet, the construction of the Mining Farm, the test operation of the Mining Rig, and we have been working with the big exchange cites for being listed, which will be released soon.

This time, we have important announcements for the MINE holders.

Just recently, the rules and plans regarding cryptocurrency in different countries have been changed drastically, and the release of the new token has been strictly monitored with strict reviews. The MINE Team has been negotiating with them starting from a few months ago, however, there are a few problems being pointed out.

Problem #1

Because the total amount of the issued tokens were way too much, from the technical viewpoint, there are a lot of exchange cites which are not accepting this.

Problem #2

The ETH distributed from Mining is, on the stock point of view, very high risk in countries like China and the United States of America.

Problem #3

All the distributed tokens belong to the normal investors, in which this is prone to cause sudden price increase, and the sudden price decrease.

Of course, the problems noted above can be all ignored, and which we should still be able to force it to be listed in the market. However, exchange cites and locations which allow that should not be easily trusted, there can be possible future problems, and they are most likely prone to insecure fluidity

The MINE Team is considering the possible options; taking the future into account, in order to make the MINE value increase, it will not be the small places that are not for trust for transaction, but the big places for transaction, to conduct the listing of MINE, which became our conclusion to be the most important matter.

Because of that element, there will be new appropriate rules, so the model of Mine should be altered.

Because of the MINE model change, we have also taken into account of whether the current investors will be able to get sufficient profits, with adequate plans and protections for the current investors on a well-balanced scale, and in order to solve this dilemma, we have consulted the Chinese professional consulting team prior to making these changes.

We are planning to make the changes stated below.

Change #1

The total issued number of the Tokens were 250 billion, with no number of issue limit.

→The total number of the issued tokens should be 2.5 billion, with a stable number of issue limit.

We are going to take off 1/100 of the total number of the issue tokens. Along with this will be a change of the token price, from 1 MINE :0.001 Dollar to 0.1 Dollar.

The new MINE Token will also be distributed, and with the current MINE holders, we will be re-transferring the tokens. Regarding the users who are waiting for the completion of the MINE Wallet, there will be almost no effect. The new Token will be distributed and you will be able to access and login to your account.

Although now, in comparison, the kept token number is decreased to 1/100, however, this does not mean that the value is also decreased.

In other words, because of the limited issue number of the tokens, which is stabilized, as a result this model will make the value of MINE increase easier too.

Change #2

The profit of MINE will be distributed in the form of ETH

→The profit of MINE will be distributed as MINE

The profit of Mining were distributed as ETH, which in countries like China and America, taking into account that there might be some risks of law, we are going to change the old system to making MINE, which has the same value as ETH, to be distributed from the incentive pool.

For example: When the profit of Mining is equivalent to 10000 Dollars of ETH, i10000 Dollars of MINE will be released from the incentive pool, which will be further distributed to the MINE holders.

The exchange rate of ETH and MINE, will be decided everyday based on the 24-hour secondary market, which will be further announced. Or prior to being listed, the exchange rate will be based and determined by the price of the Crowd Sale.

Change #3

The MINE in the MINE Wallet → adding the exchange function of MINE to ETH

For the profit of Mining be distributed as MINE, we are adding and setting up the exchange function of MINE to ETH in the wallet.

The MINE in the wallet, with the function of automatically being able to be exchanged to ETH, can be automatically exchanged with ETH at the time of the distribution of MINE every day.

However, only the newly distributed MINE can be automatically exchanged with ETH; the MINE supplied from the secondary market cannot be exchanged with ETH in the wallet.

Change #4

The change of the Token Allocation

Originally on Whitepaper, we have planned to sell all the Tokens on ICO. However, just like stated in the beginning, all the exchange cites do not favor the tokens being owned by the normal investors, or from the model change of the Mining profit, it is necessary to set up an incentive pool, therefore the Token allocation should be changed as stated below:

38%(950 million Tokens)…Token Sale

32%(800 million Tokens)…Incentive Pool

30%(750 million Tokens)…Funds for Development

We have finished the first round on ICO, with about 600 million Tokens sold. There are 350 million Tokens still left to be sold with the second round on ICO. The price set for the second round on the ICO will be just a little bit higher than the first round.

In addition, the funds for development, with the smart contract, are locked, and within 6 months 5% (125 million) will be released gradually. The released tokens will be similar as ICO, which 70% will be invested on the Mining Farm, 30% will be used for the sake of value increase of the development and operation of the MINE Project.

This method is similar as the stock market targeting the PO. According to ICO, instead of conducting a big fundraise, taking into account of the operation of the actual project for fundraise can be more effective for causing the least loss for the investors.

Change #5

The Implementation of the MINE Project Purchase Program

For the changes made this time, the issue limit for MINE will be stabilized, and the total distribution amount will be kept in the incentive pool — 800 million Tokens.

The distribution of the profit from Mining, and the refund from the MINE Debit Card when using it will be all from this incentive pool, so when the distribution of all the coins ends, the Purchase of MINE Program from the market will start.

The MINE purchased from the market will not change, it will be distributed to the MINE holders, however, for being able to purchase MINE from the market daily, the value of MINE will be designed as continually increasing.

Just like stated above, the updates are designed to be the most appropriate for now, however, it’s a redesigned model with a higher level of the current MINE Token Economy, therefore, for the investors, we believe that this is going to only have positive effects.

Please don’t forget to keep supporting the MINE Project from now on!

The MINE Team

  1. トークンの発行総数を2,500億から25億に変更。これに伴い、1 MINE:0.001ドルから0.1ドルへのトークン価格の変更。
  2. MINEの利益をETHからMINEとして分配に変更。
  3. MINEの利益をMINEとして配布するために、MINEとETHの交換機能をウォレットに追加して設定
  4. トークンの割り当ての変更
  5. MINEプロジェクト購入プログラムの実施

 

注目のホワイトペーパー!仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」まとめ

 

今回は、注目ホワイトペーパーの仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」とはどの様な仮想通貨なのか?仮想通貨「mine coin(マインコイン)」のICO情報や仮想通貨特徴から気になる最新情報まで仮想通貨「mine coin(マインコイン)」の全てを書いていきました。

ここまで長々とお疲れ様です。

その代わりに、仮想通貨「mine coin(マインコイン)|MINE(マイン)」についてかなり理解できたかと思います。

仮想通貨「mine coin(マインコイン)」は、「中国国内で初めて正式に認可を受けたマイニング工場を運営している」「「既にコモロ諸島にある銀行と提携をし、ライセンスの取得が完了している」「有名な媒体に何度も掲載」など信頼できる仮想通貨です。

仮想通貨「mine coin(マインコイン)」のメインセールは終了していますが、気になった方はmine coin(マインコイン)に注目してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨「mine coin(マインコイン)」の最新情報があり次第更新していきます。